写真教室


今年もナショナルジオグラフィック写真賞グランプリを受賞された「写真家 粕谷徹氏による写真教室」を開催します。今回は初心者に嬉しい「コンデジ講座」や話題の「エモーショナルな写真の撮り方」まで盛りだくさん。お申し込みはお早めに!

1.ダンゴウオの撮り方講座
 2020年2月7日(金) 19:00〜21:00 参加費5,000円(税込)
  • まずはダンゴウオと同じ目線に降りてみよう
  • 後ろ姿ばかり撮っていませんか?
  • 目力は大事!
  • ヒレが消えていませんか?
  • やっぱり背景も大事
  • 単体天使は大きく!
  • 天使祭りは全員のバランス

2.コンデジ講座 初級編
 2020年2月8日(土) 10:00〜12:00 参加費5,000円(税込)
  • 機材の取り扱い(サービスやボート上で セッティングはいつが良い? 飛行機は?)
  • 水中モード以外を積極的に使おう
  • 水の層をなるべく減らして綺麗な写真を
  • 「明るさ」「色合い」「光の向き」この3つに気を使って撮影しよう
  • 「半押し」を使っていますか?
  • カメラの他に揃える物は?

3.コンデジ講座 ステップアップ編
 2020年2月8日(土) 13:00〜15:00 参加費5,000円(税込)
  • ズームを封印。「足で撮る写真」をマスターする
  • ストロボ/ライト撮影で色を出す
  • クローズアップレンズ/ワイドコンバージョンレンズを使う
  • ミラーレス一眼、一眼レフ 何が違う?

4.ビズショー見学&機材相談会
 2020年2月8日(土) 16:00〜18:00 参加費無料
  • 難波御堂筋ホールで開催される、ダイビング関連事業者向け製品・サービス展示会「DIVE BIZ SHOW 2020大阪」を見学します(*事業者向け展示会のため、一般の方単独での入場はできません)

5.道頓堀〜難波近辺 夜景撮影会
 2020年2月8日(土) 19:00〜21:00 参加費2,000円(税込)
  • 街の灯りスナップ撮影です。イルミネーションのキラキラや光と影を美しく撮ってみましょう!三脚を使うから撮れる技あり写真、フィルターを使った上級テクニックなど、水中とは違った撮影テクニックをレクチャーします。コンデジ、ミラーレス、一眼、どなたでも参加できます。(スマホ、アクションカメラのみでの参加はご遠慮ください)
  • 持参するもの:カメラ、三脚、(持っていれば、レリーズケーブル、クロスフィルター、ソフトフィルター)

6.ビズショー見学&機材相談会
 2020年2月9日(日) 10:00〜11:30 参加費無料
  • 難波御堂筋ホールで開催される、ダイビング関連事業者向け製品・サービス展示会「DIVE BIZ SHOW 2020大阪」を見学します(*事業者向け展示会のため、一般の方単独での入場はできません)

7.ビズショー 尾崎たまき氏セミナー *1/27受付締切
 2020年2月9日(日) 11:30〜12:30 参加費無料
  • 難波御堂筋ホールで開催される、ダイビング関連事業者向け製品・サービス展示会「DIVE BIZ SHOW 2020大阪」で尾崎たまき氏のセミナーを見学します(*事業者向け展示会のため、一般の方単独での入場はできません)

8.エモーショナル水中撮影講座⑴
9.エモーショナル水中撮影講座⑵

 ⑴ 2020年2月9日(日) 13:30〜15:30 参加費5,000円(税込)
 ⑵ 2020年2月9日(日) 16:00〜18:00 参加費5,000円(税込)
  • エモいって何?
  • 引き込まれる写真ってどんなもの?
  • 着眼点と使えるテクニック
  • 絞り解放じゃダメですか?
  • どうやって見せる? SNSとプリント
  • カメラは一眼レフが一番?
  • 撮りっぱなしはダメ。きちんと仕上げて作品にする

講師プロフィール

粕谷 徹 (かすや とおる)
1970年神奈川県藤沢市生まれ。
もともとエンジニア志望だった。エンジンには特に惹かれる。
専門学校を出て、自動車会社の整備士として働く。3年後退職し、短期大学校に入学し、材料や加工、設計など機械の基礎を学びなおした。
短期大学校を卒業後、大型ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジンの整備や、自動車メーカーの開発ラボにてディーゼルエンジンのテストを行っていた。 2014年には、新商品開発のコアメンバーとして参加し、その商品がコージェネ大賞の技術開発部門特別賞を受賞した。
エンジニアとして充実した日々を送っていたが、趣味として続けていた水中写真で2016年日経ナショナル ジオグラフィック写真賞 優秀賞受賞、ネイチャーズ・ベスト ・フォトグラフィー・アジア オーシャン部門WINNER受賞。この受賞をきっかけに写真家として独立することにした。
もともと海の近くで育ったこともあり、20歳ごろからジェットスキー、30歳を越してからはサーフィンを始める。ロングボードで大波に挑戦している。 2005年スキューバダイビングのライセンスを取得し同時に水中写真を始める。
現在ホームグラウンドの伊豆以外では北海道や能登半島で撮影を行う。いずれも人の住む地域の近くの海を撮影地としている。陸地のすぐ近くでも、海中には豊かな自然と生き物 がすみ、驚くべき多様な姿を見せてくれる。豊かな海の環境に囲まれて生活することの豊かさも感じる。そうした豊かさを素直に、ドキドキするような写真で見せたい。これはエ ンジニアの楽しみとは全く別のものだが、海の中の自然が作り上げた機能や造形は、人の手では叶わないものであることを思い知らされる。
よりシンプルで驚きのある水中の生き物の姿を撮り続けたい。

公式WEBサイト:https://www.toru-kasuya.com

受付場所
海の写真屋さん
大阪市中央区南船場2-7-14 大阪写真会館3F
電話:06-6125-2500
*開始時間の10分前までにお越しください